上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
へい、買いましたよ「GALAXY」。
やっぱり今作は、このタイトルのフレーズに尽きる。
この「嘘」は、悲しくて避けることはできなくて、でも優しくて温かい。
そんな「嘘」かな、とか。
ま、これも含め、以下は私個人の感想です。


DIQで聴いたときは(ここにも書いたけど)、
あっちゃん…B-Tさん…の懐の大きさみたいなもんに感動したんだが、
歌詞を見ながら聴いてみると、根っこに巣食って離れない「寂しさ」みたいなもんが
薄っすら見えてくるようで、ちょっとぼんやりしてしまった。
諦めて、すべてを見据えたからこそつける嘘ってあると思うし、
だからこそ、あなたのために笑ってあげられる優しさってのがあると思う。

C/Wの「セレナーデ」も、同じ印象。
初めは、「いやん今井ちゃんたら」的なスウィート曲(苦笑)かと思いきや、
持ってる性質は「GALAXY」と一緒かな、とか。
もう会えないからこそ、「会えるさ」ってせめて呟いてみる、みたいなね。
いや、考えすぎかと思いますが。でもなんか、そんな感じ。

これ、アルバムに入る「アンブレラ」と対になったりするのかなぁ。
あっちとこっちでアンサーソング、というかさ。どっちとも今井の子だし。
いやぁ、楽しみ9割恐ろしさ1割(笑)。


DVDも観たぜ。
姫(誰だ)のかわいこちゃんっぷりに慄きました。
どっからどうみても四十路のおっちゃんなのに、どうしてあんなに美人なのか。
あ、その美人を瞬きせずに見てたから目が充血しt(壁

しばらくグルグル聴いていよう。アルバムにも期待。
Secret

TrackBackURL
→http://field616.blog70.fc2.com/tb.php/484-f5cd40c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。