上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.28 ゆうたバトン
へい。
てなワケで、本日からこちらへ移動しました。
いやさ…。
前のとこ、テンプレが全然使えなくてさ…。
同じコトするなら、気に入って使いたいやん。
心機一転なんてのはさらさらなく、
今まで通り、星野主軸で参ります。

で、「ゆうた」バトンです(笑)。
七涛音さんから戴きました。いつもありがとやす♪
「星野バトン」も存在するんだろうか…。

Read more,,,,,
スポンサーサイト
2006.09.26 会報キター
到着。

いやー。編集さんGJ!
FT東京もちゃんと入ってるじゃないの!
今回の会報、読み応えあったなぁ。良い!
何よりだね、LIVEカットがもう。
赤いライトに浮かぶレスポール星野が素敵。
カメラ目線だぜコンにゃろーコロ助か! いや殺す気か!
左手がねぇ…全カット良いトコ押さえてんだよねぇ…。
これについてはまた後日。3万字ぐらい語れるぞ(やめれ)。

あとはやっぱし型ヌキ!(爆笑)
二人の声が聞こえてくるようでした。ウーファーで(酔うぞ)。
ヒデちゃんのあんな顔、久し振りに見た。
ここ十年はお蔵入りしていた顔だ(笑)。
例えて言うなら…デビュー当時。
櫻井今井両先輩に苛められて「わーもーちょっとー(でも笑顔)」的な。
ああ、これを解ってくれる人と、会報片手に盛り上がりたい。

サマソも楽しかったようで良かった。
その辺の煽りか、この一冊、メンバー機嫌良さそう(笑)。


あとは何と言っても、アニイの一言か。
そして今井先生の燃え滾るヤル気。

年末が楽しみ!
2006.09.22 会報発送
FCインフォ更新。

 最新の会報41号は9月22日に発送
 締切のあるお知らせが掲載されているため、
 未着については10月10日(火)~10月20日(金)にFISH TANKへ連絡


来たねー。
今日発送ってことは…週明けかなぁ。
明日来てくれると、テンション的にも嬉しいんやけど(笑)。
サマソ記事は絶対として、
編集サイドのスタッフが頑張ってれば、
今月頭のZepp東京@FTも押し込めている、かもしれない。
何にしても、ああ待ち遠しい。
サマーソニック2006特集オンエアー
パソコンテレビ「GyaO」→期間:10/1(日)~12/31(日)
※必要情報登録後、全番組視聴無料


「サマーソニック2006」という括りで、
一体どれだけB-Tさんに時間を割いてくれるのかが見物です。
♪つんどーらーのだいちー わーれしブチッ
とかいうことにならないことを祈ります。祟るぞ。
2006.09.19 ぅわお!
dropzネタを探していて(無かったんだが)発見。

 Wikipediaに星野英彦が!

ひー(爆笑)。
笑いすぎて涙が出る(泣笑)。
誰よ、この項目作ったの! GJ!(笑)
B-Tのなかで唯一だよ。すごいよ、ONLY ONEだよ。
Lucyでさえ、まだ立って無いのにー。

さすがだわ。
さすがよね!?
さすがよー。
2006.09.18 お召し物
いやはや。
皆様、こんな僻地blogへのご来場ありがとうございます。

しかーし。
おいらは高樹町観てないンすよ…。
レポ、なくてごめんなさい。

行かれたかたの感想なぞを読むと、
今井先生がどうのというより、
「Jくんが借りてきた猫のようだった」と(笑)。
ビジュアル的には、どっちかっつうと
「借りてきた大型犬」て感じですが(笑)。
衣装もナニやら可愛かったようで。
いいなーーーーーー。

ワタクシ、言わずとも星野のファンなんですが、
「こういう格好したいな」と思うのは今井先生です。
現在の「蜉蝣」アー写とか、とてもステキ。
メンズライクなスーツに、シャツを第2ボタンくらいまで外して着たい。
軽ワイドなラインのパンツを、男子よろしく腰で履きたい。
あ、コレは巷にはびこる「ズリ下げ坊主」じゃないですよ。
ああいうの見ると、股目がけて蹴り上げたくなる性分なんで(微笑)。
この辺りの偏愛具合は、育ての親が黄猿ってとこに因るんでしょうな。

先日の大阪での今井先生もステキでした。
Mr.花柄の称号を差し上げてもいい。
(おそらく、星野さんはさほど似合わない気がします。ヤっぽくな/斬)
2006.09.14 あの日のコト
FTの大阪レポ、もう1本あるんやけど、ちと保留。
ヒデさん使用機材の記憶を捻出しております…。
ああ、もっとギターに詳しくなりたい !!! 切実 !!!


当日、IDチェックを先に済ませてしまったので、
開場まで少し時間があったんですよ。
なんで、近くのカフェに入りました。
するとそこには、同じようなファンのお嬢さんが2人。
ひとつテーブルを挟んで座りましたが、話し声は聞こえます。

「結婚報告後、初のヒデだから泣いたらどうしよう」

ちょっと深刻な声色で、そんな内容の会話でした。

報告後初…。
…………。
私にしてみりゃそれは、サ マ ソ だ っ た よ  う  な。

カプチーノ飲みながら考えました。
『泣いたらどうしよう、とかいう意識、あったっけ…』

まったくねぇ(遠い目)。

むしろ、その会話を聞いたとき、
「そうか。入籍したんだっけ」とか思い出す始末。
だから入場を待ってる間に「扶養家族」ネタが思い浮かんだのか(単純)。

で、LIVE中はと言うと、
うっとりしたりにんまりしたり指さして笑ったり(何故)しただけで、
またもや、そういう意識は一切顔を出さずに終了。
帰りの新幹線でパンフを開いて、1ページ目。
あっちゃんの左手の写真を目にし、
 ↓
あら、指輪してないわ
 ↓
年末とかはしてたよな
 ↓
指輪……
 ↓
そういえば、ヒデ
という大迂回路を辿りつつ、再び思い出す始末。


あのときにココで散々思いの丈を書き殴りましたが、
ほんまに私って、ヒデちゃんに関する「そういうこと」は
どうでもいいのな(白目)。
自分としては、「まったく平気、大丈夫」と思う半面、
「いやでも少しはチクッとくるかもよ」と考えていましたが、
いざLIVEになると、ソコしか見てない。ホントに何も思わないようだ。
実際の「二人」を目の当たりにすると、さすがに平常心ではないだろうけどさ。
ああでも、「やっぱヒデちゃん格好いい」とかホザく気もする。

無意識のうちにそこを見ないようにしているんだろうか。
自己防衛ってやつなのか?

幕張メッセのステージで見た、あの人。
なんばHatchで見た、あの人。
やっぱりもの凄く好きだと思ったし、
このバンドが自分の宝モンだと感じた。

そこで昇天して、そっから先の意識がないんかも。

ふと思ったこと。
「#2」とか書いておきながら、
「星野さんが使っていたような気がする機材の覚え書き」。


THEME OF B-T

EMPTY GIRL(C)
…IN HEAVEN…(C)
ANGELIC CONVERSATION(E)
月蝕(D)
Cabaret(D)
DOLL(D)
Passion(D)
Sid Vicious ON THE BEACH(B)
Madman Blues-ミナシ児ノ憂鬱-(D)
LION(D)
ミウ(12弦)
細胞具ドリー;ソラミミ;PHANTOM(B)
キャンディ(A)
M・A・D(D)
Ash-ra(D)

-EC1-
ノクターン-Rain Song-(6弦)
BRAN-NEW LOVER(A)
FLAME(B)
夢魔-The Nightmare-(D)
DIABOLO(B)

-EC2-
空蝉()
蜉蝣(C)
ROMANCE(B)
LOVE ME(A)


ヒデ使用機材(自信ナシ)
・Burny LG-BT CUSTOM:A
・Burny BSF HH-CUSTOM(白):B
・Burny BSF HH-CUSTOM(赤):C
・Gibson Les Paul CUSTOM:D
・Morris/Rumbler MR4G-12:E
・Gretsch HISTORIC SERIES:F
ええ。星野だけ、のメモです。

・出てきた瞬間、なぜか爆笑してしまった(私が)。
・黒ピンストライプスーツ+黒シャツ+白系の靴。
・髪の毛つやつや。天使の輪。
・ことある毎に、パンツの位置を直してた。デカかったの?

・コーラスマイクの音量がデカい。
 ♪あーいきゃんどぅー
 ♪ふぁっきんくらーひろおんざびー
 ♪くちーづけにいきをとーめて
 ♪子守唄のなかで、きいった、あなったぁのおっと

・投げたピックを取った男の子が、「やった!」とガッツポーズ。
 それを見て、「ふふ」と口の端で笑ったわよちょっとこの人ったら!

・いつものように、若干スカし気味で前へ前へ。
 それを、「あああ、落ちないでね」と思いながら観てたとかいうのは内緒。

・「DIABOLO」。
 最後の「かんぱーい」で手をあげたあと、空を切ってペコリ。
 執事さーーーーーん!!!!!(狂喜)

・2回目のアンコール前。
 出ようとしたら先に出た兄弟がファンサービスしているのに気付き、
 そのままソデでタイミングを見計らっていたA型。

・「ヒデ~!」と自分を呼ぶファンの声に、
 「はい、はい、はい」てな具合で頷きながら闊歩する男・星野。

・そのときミネラルウォーターのボトルを持って登場。
 一口飲んでキャップをし…濡れた手をパンツで拭くなーッ(爆笑)。

・「LOVE ME」のラスト近く。
 下手の今井マイク前であっちゃんとすれ違う際、
 案の定あっちゃんは退いてくれず。
 「おおっと」的な腰つきで今井ちゃんマイクをよけていた。
 だから、落ちないでねー。

・大ラス。ピック大盤振る舞い。
 が、投げたピックが前っ面に入っているスタッフに当たった様子。
 「あ、ごめん~」と片手を上げ、困った笑顔で謝っていた。
 最後の最後にそれですか! 可愛すぎるんですけど!(怒)


ほんまに、この人しか観てないのな…orz
ま、いつものコトです(開き直り)。
at なんばHatch。
東京、名古屋公演とSET LISTは同じようです。


THEME OF B-T

EMPTY GIRL
…IN HEAVEN…
ANGELIC CONVERSATION
月蝕
Cabaret
DOLL
Passion
Sid Vicious ON THE BEACH
Madman Blues-ミナシ児ノ憂鬱-
LION
ミウ
細胞具ドリー;ソラミミ;PHANTOM
キャンディ
M・A・D
Ash-ra

EC1~
ノクターン-Rain Song-
BRAN-NEW LOVER
FLAME
夢魔-The Nightmare-
DIABOLO

EC2~
空蝉
蜉蝣
ROMANCE
LOVE ME


FCに入ってるということは、
普通よりももういくらか、「B-Tが好き」ってことですわな。
そのなかには、ファン歴の長い人もいれば、ご新規さんもいる。
そういう、幅広いオーディエンスに向けたSET LISTだったように思います。
散漫…とはまた違うんだけど…
「100を5で割らずに7で割った」くらいの、ちょい薄。

私個人としては、大きな波にさらわれずに終了しました。
いや、小波や中波はあるんですよ。ざっぱざっぱと。
ただ、普段感じる、恍惚感のビックウェーブ的なモノは、
今回のSET LISTに限っては無かったかな。
…って、でも楽しかったんですけど(笑)。

整番は「777」でした。
しかし、七涛音さんのお陰で、柵上2列目を確保。
しかも星野前で視界良好(涙)。ありがとうございました!
意気揚々と♪あーいきゃんどぅー も出来たっす。

そうそう。
あっちゃんが、もの凄い「美人オーラ」を発散しておったよ。
美しすぎて目が眩むかと思いました。
襟足を無造作にゆるめに結わえて、サイドはそのまま。
見た瞬間、「なんだこのカワイコちゃんは!」と腹ン中で絶叫しました。
声の伸びも、ここ何回かではいちばん良かったような。
PAさんの力量もあるかしれんが、とても綺麗に響いていたよ。

そのあっちゃん。
「M・A・D」の歌い方、変えてましたね。
ちょっとこう、ウィスパーな感じ。なかなかオツでした。
が、Bメロからは普段の歌い方のほうが良かったなー。
この曲の醍醐味って、キレながら「どうってことねーから狂っちまいな」
と誘う危うさだと思っているので。
そういう、脆いバランス加減を醸し出していただきたかった。
あと、コーラスの星野さんが音量調節に苦労しますよって(笑)。
ま、魅惑のエンジェルボイスが聴けたからいいか>ヲタ意見

今井先生のお髭も拝見しました。
せっかくの色白肌なんだしさー。
重力に負け気味でも、結構ツルツルしてんだからさー。
性能の悪いモザイクみたいな髭はいらねーと思うんだけどさー。
…というのが私の意見。
しかし、終盤に差しかかる頃には、後光にヤラれて見慣れたり(笑)。

オーラスの「LOVE ME」は、視界が圧巻でした。
みんな手、振る振る。おいらも振る振る。

あっちゃん
「素晴らしいファン。宝です」
…のあとに、「ほんとにそう思うので、そう思ってください」
みたいにムニャムニャ言ってたのがいちばんの笑い所(笑)。

ゆうた
「大阪、大好き」

アニィ
「ありがとやした!」
2006.09.11 2006 QUESTION
今回のFTオンリーにて告知されました。

2006 THE DAY IN QUESTION
12/16(土) 仙台サンプラザホール
12/20(水) 神戸国際会館・こくさいホール
12/29(金) 日本武道館

全公演・指定:6,000円
一般発売:11/11(土)10:00~

FC会員には、9月末発行の会報で優先予約を行うそうです。
仙台へ行きます。
神戸は平日なので泣く泣く辛抱して、九段下へ舞い戻ります。

昨日のLIVEで火が点いてしまった。
早くまた、あの場所へ戻りたひ。
「サマーソニック2006」朝日放送(関西ローカル)
9/8(金)25:59~28:29

サマーソニック06大阪会場の模様が2時間半オンエアーされます。



朝日放送…。
実家なら確実に映るな。

以下余談。
朝日放送と言えば「トラトラタイガース」でしたが、
今は「虎バン」とかいう番組なんですね。
「トラトラ」に山田さん(捕手)が出たときのビデオが
まだ実家のクローゼットに眠っているはず。
金のネックレスとかしてて、若干ひいた思い出も(笑)。
2006.09.05 働く今井寿
Red Shoes誕生25周年記念イベント“WEAR RED SHOES Vol.3”
今井寿「高樹町ミサイルズ」 on Guitar

日程:2006年9月14日(木)17:00~
会場:SHIBUYA 0-East
出演:シーナ&ロケッツ
   ザ・ジートルズ(奥田民生、○○○○、小原礼、屋敷豪太)
   高樹町ミサイルズ(Vo:仲野茂、B:J、Dr:Motokatsu Miyagami、G:今井寿)
   ザ・イージー・ウォーカーズ
   ザ・プライベーツ
DJ&司会:ちわきまゆみ、MAGUMI(fromレピッシュ)
前売り\5,000 当日\5,500(各ドリンク別)
チケットぴあ、LAWSON、e+で発売中


師弟(今井&J)で同ステージ。
これ、LSB(古い)以来じゃないでしょうか。
世代的には、民生と同イベントってのに心動かされます。
MAGUMIくんもいるしね。
レピ、ユニ、ばっくてぃっく、ですよ。良い時代。
これにPERSONZがカラんでたら絶対行くな(笑)。

しかし開演時間が早すぎやしないか。
狙う世代はその時間、まだまだ仕事してると思うぞ(俺)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。