上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.09.11 0911
Climax Together-悪魔とフロイト@横浜アリーナ

21st Cherry Boy~BUSTER~Kick(大地を蹴る男)~ASYLUM GARDEN☆~
Madman Blues-ミナシ児ノ憂鬱-~君のヴァニラ~キャンディ~王国 Kingdom come~
幻想の花☆~極東から愛を込めて~謝肉祭☆~無知の涙~楽園☆~
Mona Lisa~ノクターン~JUPITER☆

EN1:月世界~BRAN-NEW LOVER~鼓動
EN2:PHYSICAL NEUROSE~COSMOS


多分、これで合っている気が。「キャンディ」の位置が微妙ですけど…。

12年ぶりのClimax~が云々、というよりは、0911を意識した選曲というか。
「COSMOS」の前には、一分間の黙祷とかもあったし。
「幻想の花」から「楽園」までの流れは、異ッ常に濃かったな。
今回のDVDが出るらしいので、あまり詳しいことを記すのは避けますが、
ステージ奥、端から端までがモニターで、映像演出が凄かった。
元々「極東」が大好きなので、この一曲は腹のソコから燃え上がった。
炎の向こうに、今そこでLIVE演ってるメンバーの顔が抜かれて映し出される訳です。
そこにあっちゃんが「汝の敵を愛することが君に出来るか」と、
迫り来る勢いで畳み掛ける訳です。なんかコレ…凄かった。そうとしか言いようがない。

ただその…。ちょっと消化不良な気持ちも、無くはなく…。
や、黙祷とかね。そういう行為に対しての反論とかは無いのですよ。
今の自分にできることって言うたら、犠牲者に対して祈るくらいだしね。
平和だからこそ、わーい♪とか言いながらLIVEに行けるんだし。
愚かで悲しい行為が、一分一秒でも早く治まって欲しいと思っています。

でも何つうの。今日は「反戦」がメインなのかい?
まぁ、12年前は、0911がこんな意味合いを持つとは夢にも思わないし、
いろんな偶然や、それこそ必然や運命の巡り合わせで今日を迎えたに違いないんやけど、
本筋は「12年ぶりのClimax~」に置いといて欲しかったなぁ…なんて。
うん。悪かった訳じゃないんだよな。
ただほんの少し、重心がズレる瞬間があったっつうか。
大ラスの「COSMOS」も、惜しい終わり方だったし。

こんな言い方は偉そうなんだけども…。
もっとさ。度肝抜かせられるバンドやと思うのね。
どんな状態で行っても、「やっぱBUCK-TICKってスゲーよ!」と
実感させられるバンドやと思うのです。その辺やね。うん。


…て、何やようわかりませんが。
やーしかし。やはりこの5人がいいです。この5人が最強。
ここんとこのソロ活動を観て、確かにそれぞれ格好いいんやけど、
何かひとつ、でっかい忘れ物があるような感覚だった。
それが、ガチーッとハマッた満足感てんですか。
「BRAN-NEW」の辺りかなぁ。下手花道で、フロント3人が並んだときがあってさ。
見慣れてるハズなのに、感極まって涙してしまいました。
おかしいよね(苦笑)。ただ、並んでるだけだぞ?
しかも、それぞれ全く違う方見とるし(笑)。

それでもねー。なんだかねー。
5人が同じステージに立ってるってことが、心底嬉しかったのね。
5人がBUCK-TICKとして活動して、楽曲作って、LIVEやる。
バンドとして動いてるんやから、それは当然の流れなんやけど、
その「当然のこと」が、私にとっちゃ超SPECIALなのだよ。
「それぞれにいろいろありましたが……これからまたよろしく」ってあっちゃんが言ったとき、
ほんま、得も言われぬ感動が押し寄せてきて、ついホロリと。
BUCK-TICKがいてくれて、本当に良かった。
たかだか数ヶ月ぶりなのに、しみじみとそんなふうに思いました。年か?(苦笑)



星野曲は5曲ですね。↑の☆マーク。
どれも甲乙つけがたいのだが……「ASYLUM GARDEN」かなぁ。
最後の、教会の鐘の音みたいなギターが好き。
優しいんだけど絶望でいっぱい、とか、八方塞がりだけど天から光が差してる、とか、
互いに相反する物があの音にはのり移ってるような気がする。
「JUPITER」も良かったしな。「楽園」も「謝肉祭」も。
「幻想の花」は、言わずもがなで、あっちゃんの歌声が素晴らしかったし。
って、結局全部やん(苦笑)。

使用ギターは、BurnyのH.Hモデル(シルバー)と、HH-CUSTOM。
「無知の涙」ではCOUNTRY CLUB弾いてました。うしし。
あと黒レスポと、アコギが2本。全部で6本かな…。
「幻想の花」は、あの、ホール無しの6弦だったような。うーん。
つーか、「JUPITER」って12弦か?(汗) モーリスの?
今回席が遠かったから、普段に増してわからんちんでござるよ…。

そう。ステージ真正面とも言える席だったのに。
LIVEについてどーのこーのと多少の文句もつけようかというのに。
まんまとヒデちゃんにとっ捕まって帰って来ただ(白目)。
特に今回は、「君のヴァニラ」でHH-CUSTOM弾いたのが致命的。
そのうえ衣装が、悶え死にするような艶消しシルバーのスーツで!
インナーが大きめ襟の白開襟シャツで!
しかも髪型ちょっと変わってて、エクステンションか?という襟足の長さで!
そんなカッコで、白グレッチをダルそ~に爪弾くですよ。「君のヴァニラ」で。
ぬあぁぁぁぁぁ。誰か、アレを、どうにか、させてくれ!


年末に東名阪でLIVE決定です。
今日の今、観終わったばっかりだけど、もう次が観たいよ。
血中B-T度、見事に上昇中。



 『すべての亡骸に花を すべての命に歌を』
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。