上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DIQ/2nd day

FLY HIGH~LIMBO~DEEP SLOW~Mona Lisa~女神★~MISTY BLUE~
パラダイス~SANE~密室★~ミウ★~Sid Vicious ON THE BEACH~
疾風のブレードランナー~Baby,I Want You~ANGELIC CONVERSATION~
さくら~EMPTY GIRL~鼓動
EN:幻想の花★~ノクターン~JUPITER★


神様ありがとう。

会場に入って席を確認したら、今井ちゃん前9列目だった。
そんな中で始まったと思ったら、いきなりFLY HIGHだ。
やった、やったよ(号泣)。ありがとうありがとうありがとー!!!!!
しかもどうですか。星野曲が5曲も。
女神・ミウ・JUPITERなんて彼岸まっしぐらですから。
つーかもうダメっす。
この二日間で、私の好きなヒデ曲BEST3を全部演られてヤラれました。

しかし賛否両論あるのも確かな話で。
TVの生中継が入ってたから、ある程度の「決めごと」は仕方ないと思う。
でも、もうちょっとB-Tが主導権握ってても良かったかな。
機材トラブルもちょこちょこあったみたいだし。
アンコールもな・・・。
やっと声が揃った「コレぞ!」な具合だったし、出てきてくれても良かった。
物凄くワガママで勝手なことを言うと、
Wアンコールで、幻想の花~ノクターン~○。○~JUPITER。
コレが私的には一番ビシッと決まるイメージです。
ややや、しかし。充分に満足しました。感謝です。ありがとう。

「さくら」とか、良かったねぇ。
少ぉしリズムが早い気もしたけど、今井節が炸裂で。
あの、ちょっと和音階なメロディが、
切ない一陣の風を巻き起こして去って行ったです。
「MISTY BLUE」も雰囲気がナンとも。
あっちゃんの低音と高音の揺れ加減が絶妙だったな。
この人は『惡の華』から急激に表現力がついた。
その力を顕著に表してるのが、この曲だと思う。

その分(?)「SANE」の、建て直し不可レベルのズレに白目ったが。
おいおいコレで生中継かよ、と。
たまにあるんだよな、こういうボロボロな瞬間。


席はありえないくらい前だったのですが、
私の位置からは今井くんとアニィがほとんど観えませんでした。
真正面すぎて、前列の人とことごとくカブってしまった・・・。
よって今井機材のチェックを断念。残念。
Vと赤グレッチ、アコギに普段弾きの3本を含めて6本か?
ヒデちゃんも6本。アコギは6弦と12弦が登場。
どうして12弦て、あんなに切ない音がするんかねぇ。

EMPTY~では、途中で今井くんの「お正月」」が出た。
♪早くこいこい~・・・えんぷてぃーがーる!ってナンだそりゃ。

この二日間でBEST1は?と敢えて己に問うてみると。
結果は「ノクターン」。
ギター二人がアコギで演るってのも今までになかったアプローチだし、
とにかくあっちゃんの…なんて言うんだ……歌フェロモン?
あっちゃんでしか生み出せない醍醐味みたいなもんが凝縮された一曲だと思う。
正直いうと、両日とも「あともうほんの少し」が欲しかったんだが、
この「ノクターン」の魅力が発見できたから、大方チャラ。


あとは。星野な5曲ですかね。めちゃくちゃ濃いぜコレ。
特に本編の女神、密室、ミウ。
曲が終わるたびにため息が漏れるくらい、濃厚すぎるほど濃いのです。
幸せ貰いに行ったし、両手に余るほど貰えたんだけど、
それと同じくらい何かを吸い取られたような気もする。
つーかヤバいね。思い出して悶絶してるからね、未だ。
この日記書きながらため息ついてるからね。
こんなに格好いいギタリストだったか?(笑)

2003年ありがとうございました。9本も観られて、ファンは幸せです。
少々お休み期間に入るそうですが、次ステージのB-Tを楽しみに待っております。
やっぱし私の核だわ、このバンド。


そして余談。
買った物販トレカを開封したところ、6枚入っていた。
メンバー1枚ずつなので、本来は5枚ですよ。
それが6枚。しかも、星野が2枚だ(爆)。

絶対は無いけど、ココは言い切ります。
絶対に、一生ファンです。もう責任とってくれ(笑)。
スポンサーサイト
DIQ/1st day

BUSTER~ナカユビ~LIMBO~神風~エンジェルフィッシュ★~
相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり~
love letter~パラダイス~RHAPSODY~FLAME~My Funny Valentine~
GIRL~Baby,I Want You~薔薇色の日々★~Mona Lisa~
KISS ME GOOD-BYE~MY EYES & YOUR EYES
EN:幻想の花★~ノクターン~CAPSULE TEARS


どーですかお客さん!
何だコノ、重箱のスミだけを突付いて突付いて突付きまくったLISTは!
本編にシングル曲ひとつもありゃしねぇ。
しかも唯一演ったシングルが新曲だけって。
15年間飽きもせず聴き続けている私にとっちゃ、まんま「祭り」でしたが。
新しい人や、まだ日が浅い人も楽しめてたらいいなぁ…。いらんお世話かしら。
でも、一緒に行った同志もなかなか満足してくれてたようなので、一安心。

先に小言を済ませとくと。
アンコールの手拍子とか、もっと合わせようよ。聴きたくないのか?
「声が小さかったから今日はやらん」とかいう、
ある種の苦言を吐くバンドに慣れているのかもしれませんが、
アンコールが「お決まり」になるのは格好悪いよ。
あっちゃんだって「もう会えないかと思いました」なぞと言う始末。
青い意見ですが、ステージも客席も真剣勝負じゃなきゃならんと思うわけです。以上。

星野曲は3曲。
エンジェルフィーッシュ! 嬉しひ…。
この喜びは昨年の「ナルシス」級であります(解りにくい)。
あの、中盤の泣きギターが聴きたかったの。
それと「薔薇色の日々」か、やはり。
個人的に「THE 星野」な曲なので、一足早いお年玉でありました。
♪歩こう 俺はあなたの前を~ってフレーズ、大好き。
ヒデちゃんの背中が見えるんだよなぁ……。
ううう。書いてて感動してきた(苦笑)。

使用ギターは5本(アコギ1本)。
中でも特筆は、グレッチ。
確か「RHAPSODY」」と「Baby~」で弾いてた…と思うんだが。
おNEWの白グレッチ系セミアコも良いが、やっぱこのギターが一番似合う。
結構デカめの音が鳴るんだけど、ジャリジャリしない。
どれだけ弾きまくっても、一本スッとクリアなラインが残る。
ギタリストとしてより、メロディメーカーとしての「好き」比率が高い
ヒデちゃんだけども、鳴らす音もナンかことごとくツボだ。
「GIRL」サビのハイトーンなメロも相変わらず良かったv
「My Funny~」でセミアコ持ってる姿は、
ステージセットと相まって、ヨーロッパのクラブの流しみたいでしたが(笑)。

「KISS ME~」「MY EYES~」「CAPSULE TEARS」に至っては、何も言うまい。
ヒデちゃんの、まるで中学生の様なハイトーン甘コーラスご馳走様。
これ聴いてたの13歳とかだよ。今じゃその2倍以上生きてんだよ。
そんな曲を、変わらずこうして目の前で演ってくれて、それを今の私が生で聴ける。
単純だけど、凄いよ。感動すんなと言われたって無理だ。
ホント単純なんス。曲作って、発表して、LIVEやって。
3年以上ボコッと音沙汰が無くなったこともあるし。
ましてや、4分半ツーショットで話すとか絶対ありえんし(笑)。
でも、BUCK-TICKの生み出す音があったら、私は幸せなんだよ。
好きで良かった。同じ時代に生まれてきて良かった。
大げさだけども、このバンドのLIVEを観るといつも思う。
この5人と。 この5人が。 出会えて良かった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。