上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003.06.29 XANADU
Mona Lisa OVERDRIVE~XANADU~@日比谷野音

ナカユビ~残骸~MONSTER~BUSTER~LIMBO~原罪~BLACK CHERRY~
Sid Vicious ON THE BEACH~GIRL~無知の涙~楽園~太陽ニ殺サレタ~idol~
Long Distance Call~極東より愛を込めて~愛ノ歌~Mona Lisa
EC:幻想の花(新曲)~FLAME~Ash-ra~TO SEARCH


ヒデギターは、いつもの4本+アコギ(6弦)。
「FLAME」で白セミアコ弾いたのには魂が出た。
好きなんだよ、この曲。何度聴いても、聴くごとに感動がある。
『OLOD』が出たとき、ラストに入ってるこの曲を聴いて、
「あ。B-T大丈夫。生き返った」って思ったんだよなぁ。
とにかく、胸の真ん中にドンてくる。で、鼻の付け根がツンとする。
『きみが咲き乱れるように 俺は生きていけばいい』って、すごく響くフレーズ。

今井くんの赤グレッチは、曲頭でトラブって結局出番無し。超無念。
今井寿:赤グレッチvs星野ヒデ:白グレッチの仁王立ちが、とにかくいいのだ。
まったく違う個性の2人が左右対称に6弦持つ姿はもう。門前に据えたいくらいで。
LIVEの中でもとりわけ楽しみにしてたのにさー。
その代わりタルボが拝めたから…まぁいいや。

ECの「幻想の花」は新曲の模様。シングルカットなるか。
スローな、「一般が思うBUCK-TICK」らしくない曲。こういうので再度起死回生を願うよ。
『この胸にずっと咲いているから』
みたいな、とっても孤独で、それでいて美しい旋律だったなぁ。
胸のすくような予想外、期待してます。
「ミウ」っぽい、ふんわりと包み込まれるような肌触りの優しい曲。
ヒデちゃん曲のような気がするが、今井ちゃんも「GIRL」とか生み出してくるからなぁ。
今作が今井色強かったから、この辺でひとつ。星野さん。ドーンと。
……「ドーン」とは、無理か(苦笑)。

野外ってことで、客席の間をトンボが飛ぶわ、コウモリは飛ぶわ。
ちょっと異様でおもしろかったです。
リズム隊は、今TOUR中一番音が良かった気がする。
共鳴する壁とか無いのにね。空気の振動まで味方にしたって感じ。

Bブロックのヒデマイクど真ん前だったので、照明が綺麗に見えて良かった。
もう少し雲が垂れていれば、左右から天に伸びたサーチライトも効果あったかな。
いつも思うが、彼らの照明の色。絶妙ね。
洗ったばっかりのプラムみたいな赤~紫とか。
天鵞絨のカーテンみたいな群青とか。
真っ赤!とかの単色じゃないんだよ。ほんと絶妙な色合いを出してくる。
「楽園」のときの深海みたいな青。周りの木々と相まって凄味さえあった。
これであっちゃんとアニィが間違えなかったらねー(滅)。



正直言うと、マンネリ化したSET LISTだった。あんたが今TOUR行き過ぎなンす。
カメラ入ってるのにあっちゃん歌詞飛ばしまくるわ、珍しくアニィがどんづまるわ。
そのカメラのお陰でステージ前大混雑だわ、ステージ狭くて動きは小さいわ。
アルバム外から演る曲もますます決まってきてる。
「野音で初めてやる」スペシャル感も皆無だった。終演時間は20時前。


それなのに。
やっぱり行って良かったって思うのは何でだろう。

私にとってこのバンドは、「好き」とか「嫌い」の範疇を越えてしまったなぁ…。

それも実は良くないんだけど。


「好き」って気持ちは、何よりも強い。これが私の持論。
でも同時に、何よりも強烈な弱点になる。

なかなか、「好き」って気持ちは一筋縄ではいかんです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。